音楽はお化粧と同じ。無限の可能性を秘めている。

ペダルを踏む理由について、レッスンで生徒さんと話をしているときに、
「ペダルはお化粧と一緒なんだよ」
とよく話をします。

この日、ファッション好きな生徒さんだったので、「そもそも○○ちゃんは何のためにお化粧をするの??」と質問してみました。

私は昔から何かするときに、その目的なくして言動しない性なのですが、ぼんやりと「なんとなく」で動いている方、意外と多いんですよね。(でも、みんな、心の奥では何をしたいかちゃんと知っているんだと思います。ただ表面化していないだけ)

話はもどりますが、「お化粧する理由」について、ふたりで挙げられるだけ挙げてみたのですが、数分の間にかなりの数が出てきました。

無意識に化粧をするのと何かを意図して化粧をするのと
では、仕上がりが全く違います。

そして、自分に向けてのメッセージも他者に向けてのメッセージも
重み、深さ、強さがまるで変わってくる。

ピアノも全く同じで、
何の為にペダルを踏むのか

ここがはっきりしていると、伝わるメッセージががらりと変わってくる。

これって、ペダルだけに限らないんですよね。

弾く度に、弾き方が違っていい。だって、毎日同じ服、同じメイクなんてつまらないじゃないですか。
どんなに大好物なカレーライスだって毎日3食365日食べ続けたら、飽きてしまいます。

お化粧を例にあげると、毎日同じでなくてよい。
服や出かける場所、会う人、気候、時間、髪型、肌や体型のコンディション、気分によってかえますよね。

音楽も、
纏う雰囲気
環境
気候
気分
時間によって、

弾き方
響き
テンポ
ペダルも変えていいと私は思う。

自分
聞いてくれる人
演奏する場所の気分や雰囲気
演奏する時間帯
ありとあらゆるものが、その時に求めている音楽を心地よく奏でることができた時、全てが共鳴し大きな感動を共有できるんだと思います。

なんならば、こんな場でこんな音楽を奏でたいと、自分で理想の「場」を瞬時に設定し、「場」を一瞬で創り出してしまうことだって可能です。

それほど、人の「意思」「創造性」は偉大で無限です。
この事実を私自身も、みなさんも気づいて、自分を信じたら世の中がもっともっと素敵で素晴らしいものになると思う。

何故って、理想の場は、音楽だけでなく生活のあらゆる場面で創ることは可能だから。

要は、自分で今、理想の場を創るんだ!と決めてしまえばいい。

そのためのコツを習得する一つの手段として、ピアノってとても有効だと思います。自分ひとりで全てコントロールできますからね。

時に激しく強くゆさぶり
時に静かに穏やかに沁み渡るような

心の琴線に触れる音楽を奏でられたら、本当に幸せだよなぁ…。と日々感じています。

体験レッスンのお申込みやお問い合わせはこちらから

公式Lineメッセージ、もしくはお問い合わせページからご連絡ください。

友だち追加

2021.1.9

レッスン, ピアノで学ぶ生き方, 大切なこと, 哲学, ペダリング