対面レッスンをご希望の方も
オンラインレッスンをご希望の方も、

まずはお気軽に体験レッスン&無料相談に
お申込みください。

海外にお住まいの方もレッスンを受講できます。
日本人の先生をお探しの方、歓迎いたします。
※日本語対応のみ可。

自分を見つめ、自分を知ることの大切さをピアノレッスンで学びませんか


Long Pianolife Academy」
福岡市西区愛宕浜にある
小さな個人のピアノ教室です。

ホームページをご覧いただき
ありがとうございます。

レッスンでは
ピアノの弾き方ももちろんお伝えしますが

それより大切にしたいのは
”ピアノで何を学ぶのか”
ということ。

この”何を”
生徒さんひとりひとり異なります。

そして生徒さんが学びを深めることで
それを支えるお母さん、お父さんも
変わっていきます。

みんなが音楽で幸せになる
お手伝いをすること。

それが
Long Painolife Academyの願いです。

News!
「合唱コンクールの伴奏者になりたい」夢叶えます。短期集中レッスン始めました。

受講生募集中です。
詳細はこちらから。

観察からレッスンは始まります

こんにちは!と子どもたちが
元気にインターホンを鳴らした瞬間から
わたしの観察は始まります。

モニターに映る表情と声で
なんとなく今日の調子が観えてきます。

生徒さんのピアノの演奏を聴きながら、
今日はどんな様子かな?

生徒さんがどのように身体を使い
どんな気持ちで
何をどのように
表現しようとしているのかなと

生徒さんの頭のてっぺんからつま先まで
まるごとスキャニングしていきます。

目で観て、
耳で聴いて、
身体で感じて

目に見えること
目には見えないこと

それらの情報と、
わたしのこれまでの経験から

どうしたら生徒さんが
笑顔になる演奏ができるのか
その子にあった解決策を考えていきます。

同じように、生徒さんにも
自分がどのように身体を使って
どんな音を出しているか

どんな気持ちで弾いているか
なぜそう弾きたいのか

自分で自分に問いかけてもらいます。

自分の望みは何なのか。
自分はどうなりたいのか。

今この瞬間に望んでいること。
もっと先の未来に望む自分の姿を

きちんとわかっていることは
とても大事なことです。

自分の望みをしっかりと描いて
自分の言葉で人に伝える。
簡単なようでいてとても難しい。

だから、
○○ちゃんは
こう思っているんじゃないの?と

わたしからのアドバイスを
参考にしながら
自分の言葉で話してもらいます。

なぜならば、
こんな風に弾けるようになりたい!
こんな自分になりたい!

という本人の意思が根底になければ、
ピアノは苦痛になってしまうから。

ピアノはあなたの言葉そのもの。
”心の声”がそのまま音に現れます。

その想いが叶えられるかどうかは
本人の努力しだいですが
そのための適切なサポートは必要です。

心を開いてピアノと対話し、自分と対話することの大切さを学びます

心が閉じていては、

自分の本音も
作曲者の想いも
自分に語り掛けてくれる大切な人の声も

聴こえないから。

だから。

心を開いて
ただ聴いて

観て
感じて

考えて
伝える

これらのプロセスを大事にしたいんです。

なぜならば、
ピアノは孤独な楽器だから。

そして
自分を深く見つめることが出来る楽器だから。

自分の内側とつながることで
心の痛みや傷を癒せるし
幸せを感じることもできます。

音楽はあなたが

思うこと
感じること
考えることを
表現してくれる言葉なんです。


面と向かって言いにくいことも
言葉にするのが難しいことも
音という美しいベールで包めば
伝えることができます。

自分に戻る時間は
ピアノで創れる。

わたしがわたしになることで
相手のこともわかるようになるし

自分にとって何が大切かがわかれば
人生で迷うこともありません。

わたしたちにとって
知ること
気づくことは喜び。

伝えること
伝わることも喜び。

だからあなたもきっと
ピアノで幸せになれますよ。

お子さんの成長に合わせたレッスンや声掛け、関わりをしています

わたしはこれまで
さまざまな年齢の生徒さんと
関わってきましたが、

シュタイナー教育の
身体の自立
心の自立
思考の自立
という

子どもが大人になるまでに訪れる
3つの自立の時期を学んで
まったくそのとおりだな…と深く共感しました。

人はその時その時
欲していることが違います。

伸びようとする能力も異なります。

その「伸び時期」を読み間違えて
まだ時期ではないことを
強引にさせてしまうのは
子どもにとっては苦痛でしかありません。

それはまるで、春にしか咲かないたんぽぽに
さあ、今すぐ咲きなさい!と
真冬に水を過剰に与え続けるような行為です。

そしてそれは後にトラウマになっていまうことも…。
大人になるまで引きずっている人もたくさんいます。

誰もが持っている可能性の芽を
しっかりと伸ばしてあげたいので
わたし自身も死ぬまで学び続けます。
わたしにとって学ぶことはとっても楽しいんです。

ピアノの音色に憧れて習い始めたけど
才能がないと否定され
なんでできないの?と非難され

練習の仕方がわからなくて困っているだけなのに
練習しないことをとがめられ
人と比べられて
苦しい思いをしている人にこそ
わたしの教室に来て欲しい。

心の中ではピアノが好きなのに
ピアノが恐怖になるなんてツラすぎます。
嫌いなままで放置させたくないんです。

競うことで
否定されることで
心が折れてしまった子たちが

自分を見つめることで
自信を取り戻していく姿を何度も見てきました。

わたしはわたしにとって
たった一人のかけがえのない存在
なんだ」
とあなたのお子さんも再確認できますように。

→その他の教室に関する感想は、
「生徒さまの声」をご覧ください。

「ラジオなピアノの時間」配信中♡ 
詳しくはこちら
ピアノの演奏&おしゃべり番組です♪

思考し、想いを表現するピアノ

歌ったり、楽器を演奏したりするのは
ちょっと苦手という人はいても、

音楽が嫌いだ!という人は
なかなかいませんよね。

そう、基本みんな音楽が大好きなんです。

人は皆
「人生をより豊かに幸せに生きたい」
と望んでいます。

音楽はまさに、
人生に豊かさと幸福感を与えてくれるものです。

この豊かさと幸福感を
音楽から得るためには

「感じ取る」こと
「思考する」こと
「イメージする」こと

そしてこれらを統合し
「表現する」
プロセスがとても大切です。

これらのどれかひとつでも欠けてしまうと、
演奏から伝わってくる情報量、
言いかえると、感動の度合いが低くなります。

表面的な
「薄っぺらい演奏」になってしまうんですね。

説得力に欠け、
心にじんと響いてこないんです。

レッスンでは、生徒さんの状態にあわせて、
上記のような様々な力を伸ばしていきます。

感じ取り、思考し、イメージしたことを
表現につなげるための基礎を
じっくりと丁寧に積み上げていきます。

うわべだけの音楽経験ではなく、
ひとつひとつの体験と思考、表現が
血となり肉となり
人としての土台となることを目指します。

”音楽に学び、音楽で思考し、
音楽で伝えていく”

言葉にできないものすべてを
伝えていく。

そんな音楽にあなたも触れ
奏でてみませんか。

”音楽は生きることそのもの。
音楽は思考することの原動力。”

音楽からすべての思考と気づきがはじまります。

音楽からあらゆるものの
真実、本質を読み解くことができます。

だから、一生かけても学びきれないほどの
魅力に溢れていると私は感じています。

➡ 詳しいレッスン内容については
こちらをご覧ください。

ひとりひとりのピアノの音色が、家族やみんなを笑顔にする。そんなあたたかな発表会を開いています。


今日は待ちに待った
娘の初めての
ピアノの発表会。

あなたは今

照明の落とされた
暗いホールの客席で
手に汗をかきながら

固唾をのんで
舞台を見つめています。


俺は平気だという風に装っていた
隣に座っているパパも
やっぱり娘のことが心配な様子。

そして、アナウンスと共に、
眩しい照明の光に照らされながら、

緊張した面持ちで、
でもしっかりとした足取りで
舞台の真ん中まで歩いてきました。

そして、深々と丁寧にお辞儀。

あんなに恥ずかしがり屋さんだったのに。
いつの間にか、もうすっかり
おねえさんになっていたのね

母の心配は無用だと言わんばかりに、
視線を真っ直ぐに客席に向ける我が娘が、
何だかたくましく感じられます。

今まで目にしたことのない、
立派で大きなグランドピアノの迫力に、
まだ小さなあの子は負けそうだけれど、

でも思い切って弾き始めたその瞬間、
あたりは彼女の独特な世界に包まれました。

「風の妖精たち」
メアリ・ド・モーガン作の挿絵より

その小さな手の指先から
ひとつひとつ丁寧に
紡がれていくピアノの音色は

美しく透き通っていて、
夢を見ているよう。

まるで
きらきらとした音の精たちと
楽しく戯れているかのように、

あの子らしい素敵な空間がひろがります。

そして曲は一気に盛り上がり、
いよいよフィナーレへ。

最後の一音とともに、
静けさが戻ってきたのは
一瞬のことでした。

沢山のあたたかい拍手が
我が子に送られたのが

なんだか無性に嬉しくて、
誇らしくて。

思わず目に涙が溢れてきます。

最後に大きな花が咲いたような、満面の笑顔。
「じょうずにひけた‼」
「わたしってすてきでしょ」
そんな声が聞こえてきそうな表情が眩しくて。

上手に弾けない‼と
悔しがった時もあったけれど、

泣きながら何度も何度も、
できるまで繰り返し練習頑張ってたね。

そんなあなたが大好きだよ。
素晴らしい感動と
思い出のプレゼントをありがとう。

これからも、
パパとママや

たくさんの愛する人たちに
あなたらしい素敵なピアノ聴かせてね。

ベヒシュタイン・ベーゼンドルファーなど、
世界3大名器とよばれる
最高級のグランドピアノに触れる機会を、
発表会などを通して提供しています。

発表会の裏話…( *´艸`)

華やかな舞台とは裏腹に、
自分の順番をじっと待っている舞台袖は
みんなの心臓の音が聞こえてきそうなほど
期待と不安に満ちた緊張した顔が並んでいます。

わたしも何度も経験した
本番までの
胃の中がひっくり返りそうな時間。

このはりつめた時間の過ごし方で
学べることはとても多いんです。
そして気づきが深い。

全ての子が例外なく
このことを学んでいます。

自分で自分に課した試練と
闘っているんだろうな。

その気もちが痛いほどわかるし
失敗も成功も
必ずその子の成長につながると知っているから

自分の出番の直前は
絶対大丈夫!
だから思い切って楽しんできてね!
という願いを込めて
背中をポンと押してあげたいし、

最初に奏でる一音から
最後の音の響きが消えいるまで

わたしもその子に意識をとどめているんです。

全てが終わって、
ほっとした表情で
ニコニコと足早に戻ってくる姿を見るたび

そして
ちょっと失敗したのを気にして
泣きそうな顔で戻ってくるときも

ああ、さっきまでのこの子とは
別人のように大きくなって帰って来たなと
深い感動を覚えます。

大人も子どもも
自分の心の奥の声を
「ねえ聴いて」と真摯な気持ちで伝えるって
ほんとうに凄いこと。

舞台にでてお辞儀するまでは
恥ずかしがっていた子でも
いったんピアノに向かうと

真剣なまなざしで一音一音
そのほそくて小さな指でしっかりと
強い意志の力で自分を表現する姿には
強く心打たれます。

そしてほんとうに
みんないい顔してる!!

当日は、ママやパパたちにも
たくさんお手伝いをお願いしていますが、

小さなピアニストたちを応援したいと
皆さん本当に細やかにあたたかくサポートしてくださいます。

アナウンスをしてくださるママも
「みんな一生懸命だから
わたしもきちんと読まなくちゃって思うんです」
と言ってくださって
ママたちの想いの深さに気づかされます。

だから発表会は
みんなで創りあげる
あたたかい魔法の時間なんだなと思います。

真摯に何かに打ち込む瞬間の積み重ね。

そのひとつが
ピアノと向き合い
自分と向き合う時間。

そして、すべての人が
真摯に自分と向き合う時間が
発表会という場なのです。

だから。

みんなの心の想い出のページに
いつまでもずっと
残り続けるのかもしれませんね。


もうひとつの発表会裏話(´艸`*)
わたしの知らないところで起きていたこと。

発表会のプログラムには、
「大人の為の演奏会」があります。

昔ピアノを習っていて、
途中で辞めてしまったけれど
我が子がピアノを始めたのをきっかけに
自分も弾きたくなりました!
というママたちや

子どもの頃から習いたかったピアノに
やっと挑戦することができた!
という大人の方のための時間です。

大人の生徒さんたちが弾いた後には、
わたしも弾かせていただいています。

だって、
わたしも皆さんも
ピアノが大好きな気持ちは同じなので♡

時々、ゲストを招いて共演しています。
写真は友人のオペラ歌手、貫田茜さんと。

本番前に必ず1~2回、
大人の方だけで弾き合い会をするのですが、
どうやらわたしが知らないところで
誰かのお家に集まって
自主練のようなことをしてらっしゃったらしく( ^ω^)…。

お話しを伺うと
なんだかすごく楽しそう。

仲間外れにされた気がして
淋しく感じてしまいました、笑。

「ここはもっとゆっくり弾いた方がいいんじゃない?」
なんて、いつもわたしがお伝えしていることを
仲間同士で意見しあいっこしているようです。

コロナが治まったら、また
みんなでお酒でも飲みながら
音楽も楽しみたいですね。

お仲間、随時募集中です♪
手取り足取り教えて欲しいという方も
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お家時間が長い今だからこそ
まずは1曲じっくりと取り組むと
とても充実した時間を過ごせますよ♡

レッスン開講日と時間について

火曜日~日曜日の10時~21時が開講日です。
土日もレッスンを行っております。
※月曜日はお休みです。

レッスンの空き状況については、
お気軽にこちらからおたずねください。

教室のアクセス

福岡県福岡市西区愛宕浜2丁目
西鉄バス「マリナタウン第2」下車徒歩3分
姪浜中学校から徒歩5分

>博多・天神方面から
  「能古渡船場」行き301番、302番、312番
>市営地下鉄「室見」駅から
  「能古渡船場」行き 9番
>市営地下鉄「姪浜」駅から
  「能古渡船場」行き 98番 が便利です。

※近くにパーキングエリア(有料)があります。
※自転車でお越しの際は、マンションの入り口に停めていただいて大丈夫です。
詳細は、お問い合わせいただいた際にお伝えいたします。

教室の玄関からは海が見えます。
レッスンが終わった後に
浜辺でお散歩するのもおすすめですよ♪

講師プロフィール

西山 陽子 (にしやま ようこ)

東京音楽大学ピアノ科卒。

市内の小学校にて音楽や家庭科、算数の専科教員として勤務した経験があります。

歌とピアノのユニット「結∞古今東西」のピアニストとして活動中。

2020年12月に福津市で開催された
「潮風吹く小さなまちの小さな灯り展」で
演奏させていただきました。

過去には、福岡市の音楽のバリアフリー化を目指したボランティア音楽グループ「Piano Duo Yoko & Mami -you and me」を結成し、障がい者や高齢者、親子向けの無料のクラシックコンサートを計14回開催しました。

Piano Duo Yoko & Mamiホームページはこちら

何にも束縛されず、
自分が最善だと思うこと、
やりたいことを実現させるために、
音大卒業後、個人ピアノ教室を立ち上げました。

まったくのゼロからの出発でしたが、
通ってくださる生徒さんたちから多くを学び、
試行錯誤しながら
現在の独自のレッスンスタイルを確立しました。

全ての学びは繋がっている
全ての本質はひとつに集結している

という信念のもと、
音楽や音の本質を知るために、
ピアノや音楽以外の分野にも視野を広げ、
好奇心の赴くまま、
日々さまざまな学びを深めています。

私のものの捉え方、
考え方や生き方について詳しくは、
当ホームページブログ
に記載しています。

SNSでは、ピアノや子育てに関する情報を発信しています。

♡「ラジオなピアノの時間」はこちら
♡ 教室のアメブロ記事はこちら
♡Instagramはこちら
♡Youtubeチャンネルはこちら
♡「未来につながる!
  先読み子育てチャンネル」
ポットキャストFacebookグループ

「ラジオなピアノの時間」配信中♡ 
詳しくはこちら
ピアノの演奏&おしゃべり番組です♪

好きなこと

ホームページやブログのイラストも
自分で描いています♡

お散歩
妄想すること
学ぶこと
あたらしいことにチャレンジすること。


逆に、
言われたことを
言われた通りにやるのが
苦手です、笑。

何でも自分でやりたい!
時間がかかっても
結果がなかなか出なくても
自分でいちからやりたい困ったさん。

典型的なおひつじ座です…。

資格:
・小(全科)中高(音楽)教諭免許
・NLPプラクティショナー
・NLPマスタープラクティショナー
・レイキヒーリング
・シンギングボウルヒーリング・奏者 
・量子場観察術講座受講 など

量子場調整師の中村仁美さんとのコラボ

こころと身体と自分軸を整えて
思いどおりの演奏が可能になる
「量子場調整♡ピアノレッスン」


も開講中です。

詳しくは「Lessonのご案内」をご覧ください。
量子ってほんとに面白いですよ♬

量子ってなあに?という方は

仁美さんのポットキャスト
聴いてみてくださいね♡

体験レッスンを受けてみませんか。

当教室では、体験レッスンを行っています。
(対面orオンラインどちらも受け付けています。)

はじめての場所に
はじめての先生。

はじめてだらけのレッスンは、
問い合わせをするだけでも
ほんとうにドキドキしますよね。


なので簡単に
体験レッスンの目的と
レッスンの流れについてお話します。

体験レッスンはなぜ受けたほうがいいの?

ピアノのレッスンは、学校とちがって、
生徒さんと先生との
1対1のコミュニケーションを
深めていく時間です。

学校は、担任の先生を選べませんが、
ピアノのレッスンは選ぶことができますよね。

これってかなり大きな違いだと思うんです。

ご家庭の教育の方針や、
お子さんやお母さん(またはお父さん)と
先生との相性はものすごく大事ですよね。

もし相性がよければ
何年もずっとお付き合いしていく仲になります。

言ってみるなら、ピアノの先生は
二人目のお母さん、笑。

かくいうわたしも、
自分のピアノの先生は今でもそんな存在です。
いまだに仲良くしていただいています♡

成長するにつれて
お母さん的存在から
お姉さんみたいな関係になり
そして、大人になったら良いお友達へ。

ピアノの先生って
なかなかおいしいお仕事だなあって思います。

そして、生徒さんのママたちも

わたしの良いところ悪いところを
よく理解して受け入れてくださっている
大好きな方ばかりです。

せっかくの個人のお教室ですから
お互いに居心地の良い関係を
築いていけたらなと思っています。

また、指導するわたしの立場から言うと
もちろん生徒さんとの相性も観ますし、

わたしが生徒さんの成長に
どのくらいお手伝いできるのかを知るためにも、
体験レッスンはとても貴重な機会となります。

体験レッスンを受けていただくからには、
「受けてみてよかった!」
と思っていただけるような
時間を過ごしていただきたいので、

事前にアンケート(かなり詳しい内容です)
に答えていただいています。

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、苦笑。

ピアノを習う目的を再確認できる
質問をそろえていますので、
是非お時間をとってじっくりアンケートに
取り組んでみてくださいね。

もしご縁がなかったとしても、
ご自分にぴったり合う教室えらびに
必ず役に立ちますよ。

アンケートはこんな感じです。
アンケート
お申込みいただいた方によって
若干内容がかわります。

あわせて「体験レッスンの流れ」
ご確認ください。

体験レッスン受講料について

体験レッスン受講料は1,000円です。
1回限り受講できます。

レッスン受講後、2週間以内にご入会いただいた場合は
初回レッスン料から1000円差し引かせていただきます。

よくいただく質問については、
「よくある質問」をご覧ください。

その他のご質問に関しては
↓のにゃんこのように…。

ご不明な点や心配事は
遠慮なくお問い合わせくださいね。

体験レッスンのご感想

初めてしっかりと
ピアノと触れ合う場になりましたが、

ピアノだけでなく、
いろいろな楽しい内容を取り入れて
興味を持ちやすく導いて下さった所や、

レッスン内容とは少し外れて
娘がその場でやりたい!と感じた事でも、

上手く音楽と結びつけて進めて下さった所が、
とても良かったです。

娘も初めての体験で、
緊張した所もあったと思いますが、

雑談時や帰りに先生に触れたり、
ハグしてる姿を見て、
心から楽しめた事を私も感じ取れました。

本人は、レッスンの後
「せんせいとレッスン楽しかったぁ♫」
と言って、

持ち帰ったチューリップの絵や、
先生に書いて頂いた名前を、
祖父母に嬉しそうに見せていました。

家に帰ってからは、
何度も親子で、
山のワルツを歌って遊んでいます(^-^)♫

今回の機会をきっかけに、

音に触れ合ったり、
親子で音楽を楽しむ事を

生活に取り入れていけたら‥
と思っています。

また、家庭の環境に合わせた
今後の進め方なども

丁寧に相談に乗っていただき、
とても参考になりました。

私自身も、自分の子育てや、
仕事と違った感覚を
沢山吸収させてもらいました。

(終始穴が開くくらい、
じっくり見つめてしまいました‥笑)

上に書いた様に、
娘に対するレッスン内容はもちろんですが、

個人的には‥

先生のとても綺麗な歌声や、
沢山ピアノを弾いてきた手が
とても素敵だなぁ〜と感じたり、

次の場面に移る時の声のかけ方など、
参考にさせてもらえるなぁ‥

なんて考えながら見学していました。

体験とは言え、
とても充実した時間を過ごせました。

あたたかいご感想
ありがとうございます♡

ピアノに関する不安や悩みもお気軽にご相談ください。

教室に関するお問い合わせ、
体験レッスンのお申込みは、

お問い合わせページより
お気軽にご連絡ください。

Latest News» more

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930