「普通」って何?

普通であること

「普通の人と出会いたい」
という言葉、たまに聞きます。
私も言ったことあります。

改めて、そもそも「普通」って何だっけ?とふと考え込んでしまいました。

これだって普通じゃない。

無難 とも違う。
個性がない とも違う。
何故って、「普通」であることが個性のひとつだから。

平均的
可もなく不可もなく
まだこちらの方が近いのかな…

って、そんな人いないでしょ!

とちょっと笑ってしまいました。

人に限らず、この世の全てのものはみんな異なる個性を持っていて、それぞれにちゃんと意志があるんですもん。
自分を創っている細胞ひとつひとつにも、ちゃんと役割(個性)と意志があるんだそうです。

だから、故意に「普通」というものを作らない限り、そんなものは存在しないのかな〜。
しかも、「普通」の基準自体が人それぞれだし。

となると、

普通なんてありませんね。

無難な演奏
個性の無い演奏
これも、厳密にいうと存在しないと言えそうです。

もしあるならば、敢えて自ら意図的にそのように演奏してるってことですね。

個性に溢れた私たちひとりひとりが紡ぐ音楽、言葉、行動ですもの。

「普通」を求めるなんて、勿体ない。

あなただけの生き方
あなただけのピアノの演奏

自分に正直な生き方考え方をすれば、それが正しい道なんだと自ずと深いところで理解できてきます。自分を認められれば、他人も受け入れられるようになります。

まずは自分自身から、ですね。

体験レッスンのお申込みやお問い合わせはこちらから

公式Lineメッセージ、もしくはお問い合わせページからご連絡ください。

友だち追加

2021.1.9

ピアノで学ぶ生き方, 大切なこと, 哲学, 豆知識