結果はどうだっていいのさ♪

発表会
コンクール
合唱の伴奏のオーデションなど

人前でピアノを弾いたり、誰かに演奏を評価されたりする機会は、何気に沢山あるものです。

挑戦するからには、
上手く弾きたい
選ばれたい
評価されたい
という気持ちが強くなるのも、よく分かります。私もそうでしたから。

でも最近、そもそも何のために自分はピアノを弾くんだろう??と深く深く本心を辿っていくと、決して

上手いと思われたい とか
評価されたい とか
認められたい とか
そういう表面的なものではなく、もっと奥の確かな想い。

例えば、

音や音楽の本質を知りたい
音と自分と場を一体化させたい
納得のいく表現を見つけたい

そして、それらは結局
“自分が楽しいから”
“喜びに満たされたいから”
に繋がるんですよね。

多くの人の本心はここに行き着くのでは?と思います。

となると、

誰が何と言おうと、どう評価しようと
関係ないですね。

音楽とはそもそも人生を楽しく、より豊かにしてくれるものですし、「音楽=自分」です。

人は本来評価されるべきものではないですから。
全ての生命は、存在そのものが愛しく尊い。

という訳で、
自分が満足していれば

結果はどうだっていいのさ♪

体験レッスンのお申込みやお問い合わせはこちらから

公式Lineメッセージ、もしくはお問い合わせページからご連絡ください。

友だち追加

2021.1.10

レッスン, 発表会, ピアノを学ぶ, ピアノで学ぶ生き方, 大切なこと, 哲学, 教育, 日々のこと