レッスンカリキュラムについて

当教室のレッスンカリキュラムを
簡単にまとめています。

あなたの理想とする未来の姿を
思い描いてみてください。

プレピアノレッスン

♬こんな力が身に付きます

  • 先生の「模倣」を通して、ピアノを学ぶ際に必要な観察力と再現する力を養います。
  • あそびを通したレッスンで、音楽や表現することが好きになります。
  • ドレミをゆっくり言えるようになります。
  • 音感やリズム感が身に付きます

♬レッスンの内容

  • けんばんあそび
  • ゆびばんごうとトレーニング
  • ドレミの配列
  • おんぷの名前と長さ
  • かんたんなリズムうち
  • リズムボックス(拍感と音符の長さを体感で覚えます)
  • つよいおと・よわいおと
  • ながいおと・みじかいおと
  • たかいおと・ひくいおと
  • 表情(やさしく・はげしく等)
  • はやい・おそい
  • 脱力の基礎
  • 音感あそび など

ピアノを弾く前の土台作りは
とても大切です。

ピアノを弾くための音楽の基礎を、
小さいお子さんの場合は
お母さんと一緒に
さまざまなあそびを通して楽しく学びます。

はじめての習い事の場合、
わが子がちゃんと集中できるのか
すこし心配ですよね。

実際にレッスンをやってみながら、
お子さんにあったレッスンの長さを
決めていきましょう。

レッスンでは、
ドレミの配列や
けんばんの配置

ピアノを弾く手と指や
からだづくり

基礎的なリズム感や音感
音符を読む力を

ひとつひとつ丁寧に
お子さんの発達段階に合わせて
ゆっくりと無理なく 育てます。

お子さんと一緒にお父さん、
お母さんも参加して
少しずつ成長していく過程を楽しんでください。

ご自宅での復習も必要に応じて
メールや動画等を使用しながら
しっかりとサポートいたしますので
安心してくださいね。

導入時のレッスン

♬こんな力が身に付きます

  • 両手でメロディーが弾けるようになります
  • ドレミの順番をしっかり理解できるようになります
  • 簡単な楽譜を読んでピアノが弾けるようになります
  • ピアノ演奏に欠かせない脱力の基礎が身に付きます
  • 家族や講師と一緒に連弾を楽しむことができます

♬こんな曲が弾けるようになります

  • ちょうちょう
  • ぶんぶんぶん
  • ジングルベル
  • 河は呼んでいる
  • 喜びの歌 など

♬レッスンの内容

  • 譜読み(右手ドレミファソ 左手ファソラシド)
  • リズムうち
  • ドレミの配列
  • 音符のもよう読み
  • ソルフェ―ジュ
  • ピアノの片手から両手層への移行
  • 強弱記号や速度記号などの音楽用語
  • さまざまなテクニック
  • 音感あそび
  • 音あてあそび  など

いよいよ本格的なピアノのレッスン開始です。

とはいえ、ゆっくりじっくり、
生徒さんの発達段階や理解度に合わせて
進んでいくので大丈夫!

今は何度やっても難しくてできなくても、
またあとでもう一度チャレンジしてみたら
「あれ?あっさりできちゃった♪」

みたいなことは、よくあります。

生徒さんの「楽しい!」「やってみたい!」
の気もちを大切に、レッスンを進めていきます。

初級のレッスン

♬こんな力が身に付きます

  • 両手で易しい曲が弾けるようになります
  • 初級レベルの楽譜を読んでピアノが弾けるようになります
  • 優しく、激しくなどの曲想を感じ取って、ピアノで表現できるようになります
  • 学校の音楽発表会 や卒業式でピアノ伴奏にチャレンジできます
  • ピアノ演奏に欠かせない脱力の基礎が身に付きます
  • ひとりで弾いたり、また家族や友人と一緒に演奏したりと音楽の世界が広がります

♬こんな曲が弾けるようになります

  • エリーゼの為に (ベートーヴェン)
  • 人形の夢と目覚め (エステン)
  • メヌエット(バッハ)
  • ジムノペディ (サティー)
  • トロイメライ (シューマン)
  • 貴婦人の乗馬(ブルグミュラー) など

♬レッスンの内容

  • 譜読み
  • リズム
  • クレ読み
  • ソルフェ―ジュ
  • 楽典の基礎
  • テクニック (ピアノとペダルの奏法)
  • スケール(1オクターブ)
  • アルペジオ(1オクターブ)
  • カデンツ
  • 聴音

少しずつ、大人っぽい曲にも挑戦していきます。

ペダルも徐々に使っていくので
これまで経験したことのない
美しくて繊細な響きや
よりダイナミックで重厚な響きも
体感できるようになります。

発表会で、聴きごたえのある演奏が
できるようになってくるのも
この時期からですね。

これまでの「かわいらしい」演奏から
一気に「お兄さん」「お姉さん」らしい
演奏へと変化します。

きっと、もっとピアノが好きになりますよ♡

初~中級のレッスン

♬こんな力が身に付きます

  • ピアノのレパートリーが広がり、自分の弾きたい曲が弾けるようになります
  • 楽譜から作曲者の意図や表現したい情景を読み取り、自分なりの音楽をピアノで自由に表現できるようになります
  • お洒落なアレンジの曲に挑戦することができます
  • 学校の音楽会や合唱コン、卒業式の伴奏にチャレンジできます
  • ソロや連弾、他の楽器とのアンサンブルなど、音楽を楽しむ幅が広がります。

♬こんな曲が弾けるようになります

  • 子犬のワルツ(ショパン)
  • 雨だれの前奏曲(ショパン)
  • 春の歌(メンデルスゾーン)
  • トルコ行進曲(モーツァルト)
  • トルコ行進曲(ベートーヴェン)
  • アラベスク(ドビュッシー)
  • 舟歌(チャイコフスキー) など

♬レッスンの内容

  • 譜読み
  • テクニック(ピアノ・ペダルの奏法)
  • スケール
  • アルペジオ
  • カデンツ
  • リズム
  • ソルフェージュ
  • 楽典
  • 聴音(60分以上のレッスンのみ)
  • 伴奏法

ここまでのレベルになると、
多くの生徒さんが
それぞれのペースで
ピアノをずっと続けたいと
思うようになります。

実際、初~中級レベルのピアノ曲は、
趣味として気軽に楽しむのに
ちょうどよいレベルです。

弾いていてとても楽しく、
また癒される曲が多いです。

だから部活や勉強で忙しくなっても、
ピアノを弾くことで、
自分自身を取り戻す時間がつくれるんですよね。

また、学校の行事などでも
ピアノ伴奏を任されることも多く、
それがさらに上達への意欲を
掻き立てているようです。

中~上級のレッスン

♬こんな力が身に付きます

  • より音楽的で芸術性の高い曲が弾けるようになります
  • 楽譜から作曲者の思いや描写している事象を読み取り、それらに相応しい音色や音楽表現を模索しながら、より音楽性の高い演奏ができるようになります
  • 曲のイメージに相応しい繊細なペダルの操作ができるようになります
  • ソロや連弾、他の楽器とのアンサンブルなど、音楽を楽しむ幅が広がります
  • 結婚式など人前で弾いたときに、「ピアノが弾けて素敵ですね!」と必ず褒めてもらえます(笑)
  • 地域でボランティアなどの小さなコンサートを企画し、演奏できるくらいのレベルになれます

♬こんな曲が弾けるようになります

  • 幻想即興曲(ショパン)
  • 華麗なる大円舞曲(ショパン)
  • 月光ソナタ(ベートヴェン)
  • 悲愴ソナタ(ベートーヴェン)
  • 愛の夢(リスト)
  • 月の光(ドビュッシー)
  • 水の戯れ(ラヴェル)など

♬レッスンの内容

  • テクニック(ピアノ・ペダルの奏法)
  • スケール
  • アルペジオ
  • カデンツ
  • リズム
  • ソルフェージュ
  • 楽典
  • 聴音(60分以上のレッスンのみ)
  • 伴奏法

音楽の作り方や
音のエネルギーの感じ方・活かし方、
音の聴き方や音色のコントロールについて
分かるまで繰り返し説明します。

よりあなたがあなたらしく
ピアノと親しくなって心地の良い
心に響く音楽を奏でられるよう、
最善を尽くしてレッスンいたしますね。

「ラジオなピアノの時間」配信中♡ 
詳しくはこちら
ピアノの演奏&おしゃべり番組です♪

2022.1.18

レッスン, 教材